imag9f000
画像は前回のスライムレースのもの。

いつも適当に芸能人の名前を付けて遊んでおりまして。


imag9f022
当時何が流行っていたのかがよくわかりますねw


そして昨日ようやく第3回スライムレースに取り掛かった私。

今回も芸能人から適当に命名しようとおもうわけですが、果たして今回毒牙にかかった芸能人はいったい・・・





ということでほい。
sasasa
栄えある育成1号は吉岡〇帆に。

たまたまテレビを付けて目に付いた名前だったとかそんなことはない。


image017
まるでファンみたいな掛け声に。



image020
女優に草を食わせるなんだこれ。


すると吉〇里帆に異変が!
image018
レアモンスターに変化した!

おおおこれは絶対にいい成績を残されば!


しかし現実はドラマのように甘くなかった。
image019
予選を勝ち抜くのもむずいw

ビギナークラスで数戦敗退しながら何とか予選突破。

完走回数を稼ぐために、ハイスコアは無理だとわかっていながらレースを続けないといけないのがつらいところ。


チャンピオンシップの作戦はシンプルにおおむね2パターンのみ。
image022

image021
予習はしていないので、何が良いのかはわかっていないけど、前回のスライムレースとほぼ同じパティーンを試してみました。

加速→妨害の組み合わせは割と刺さりやすい。
刺されやすくもあるけどw

げんきトールが決まればスタミナを切らさずに完走することも可能で、なかなかバブルスライムは便利かも。


〇岡里帆は挑戦権を全部使い切って終了。
image023
予選のポイントが低くてどうなるかと思ったけど、なんやかんやチャンピオンシップは良い成績でした。

育成1回目にしては上々でしょう。





次はほかのスライムも試してみようということで。
image024
吉岡里〇から松〇茉優に推し変・・・もとい鍛え直し。
ちなみに名前書き間違えて登録していますw(すいません)

マリンスライムの性能はイカに。


image032
まるでファンみたいな声援(2回目)


しかしマリンスライムは辛かった。
image025
まもりの貝殻を覚えないと存在意義が無い子に・・・。

そして松岡茉〇は貝殻を習得できず。
ガードがユルい!(言い方)


image027
あとマリンスライムは急速回復が覚えられないのでスタミナ面に不安があったり。


まもりの貝殻がない時のイオラマンとの相性は最悪。
image026
予選もチャンピオンシップも散々な結果に終わり。


最終成績は吉岡〇帆と大きな差が。
image028
個人的には松〇茉優の方が好みなんだけど、そんなことは誰も聞いていませんねはい。


とにかくマリンスライムは貝殻だいじってことです。





そんなわけで何とかいい成績が残せるようにスライムレースをもうちょいやってみたいと思います。

予選が運ゲーすぎて楽しくないとかそんなことは言っちゃダメですよ!


明らかに育成に失敗したスライムは
image033
本線でチャンピオンシップ以外を選べばさっさと完走できるのかなーと。

なんか完走回数の称号があるみたいなので面倒臭がらずに完走させておきたいものです。

育成失敗したとわかってて続けるのは本当に面倒臭いけど。



(次は男優でいこう)



この記事がイイネ!と思ったらクリックお願いします!

ドラゴンクエストXランキング

ブログ更新の励みになります!