022_c53d4c75016cbd9184e8b1f78dbb776a
二回連続ゾーマイベントのお話です。

今回はゾーマ様の気になるあのセリフについて不真面目に考察してみました。



※ゾーマイベントのモロバレと若干のホモ〇ネタがあります





ゾーマ様の名言といえばこれ。
imag9e019


imag9e020
桜の散りゆく様が美しいと言うが如く、独特の滅びの美学をお持ちのゾーマ様。

しかし昔からずっとこのセリフが気になっていました。


ウデの中で息絶えるってナニ?


我が腕で屠ってやるみたいな言い方ならわかるけど、「中」ってなんだ中って。

ゾーマ様はどうやって腕の中で息絶えさせようとしているのでしょうか?





そもそも腕を使って敵を倒す技って少ないですね。

真っ先に思い浮かぶのが
308155m
ラリアットくらい。

なるほど、ラリアットで勇者を息絶えさせようとしているのかなと。

そういえば某ダイの大冒険でも大魔王様がラリアットをかましていましたね。



ところがどっこい。
imag9e021
光の玉を使った後のゾーマ様は「ウデの中でもがき苦しむがよい」とセリフを変えています。
(ちなみにリメイク版以降に追加されたセリフ)

ラリアットだと打撃技だし、もがき苦しむことにはならないなあ。



腕の中でもがき苦しむ技・・・。

なかなか難しい注文ですが・・・



こういうことでしょうか?
308163m
関節技。

これなら「腕の中」で息絶えられますし、もがき苦しむこともできますね!



腕の中でもがき苦しむ技その2。
308167m
ゾーマ様は関節技が得意なテクニシャンなのかな?!



でも関節技だと、大魔王と言う割にはやっている事がねちっこいですよね。

なんか威厳が無い。



大魔王の貫禄を保ちつつ、腕の中で敵を苦しめる技・・・



ありました。
308216m
チョークスリーパー。

シンプルだけど、ちゃんとウデの中で息絶えるし、もがき苦しめる。

これが大魔王のやりたかったことなのでは!?


・・・でもやっぱりやっている事がねちっこいような。






そんな「ウデの中で息絶える」考察に一石を投じる技が今回登場しました。
imag9e018
その名も「魔王の抱擁」。



ハグされた相手は氷漬けに。
imag9e017
まさしく息絶える思いをする恐ろしい技です。




つまり・・・
publicdomainq-0007169cdb
我が腕の中でという言葉の真意は

ハグだったということになります!!

確かに全く興味の無い相手に抱きつかれたら気持ち悪くて息絶えそうになりますものね(ちがう)。




ハグとなると┌(┌^o^)┐ホモォ…が捗るというものです。


_SS500_

オラオラ系ゾーマ様「ホラ、オレのウデの中でイキ絶えちまえよ・・・」

(がしっ)

抵抗しながらも屈服しかける勇者「や、やめ・・・」



ああ、ドラクエが捗もとい汚されていく!




うそですごめんなさい。


まあ今冬の薄い本は勇者✖ゾーマ様本の出る幕も無く、11ネタで埋め尽くされるのでしょうが。



(何を言っている)






こほん。

ということで魔王の抱擁とかゆう技のせいで、ウデの中で息絶える方法が思わぬ方向へ転がり込んでしまったお話でした。

非常に罪深い†




ちなみにこのゾーマ様のセリフは、ドラクエ名言集「しんでしまうとはなにごとじゃ!」によると、大魔王の美学と力を誇示するものであり・・・


直接的な意味は特に無いようです。


直接的な意味は特に無いようです。


直接的な意味は(略)




つまりラリアットとかハグとかウデの中で息絶える方法を考えること自体がそもそもの過ちであり。

真に罪深いのは、それをわかっていながらこんなバカな妄想を書いた私なのでした。
えへえへ。


でも妄想って楽しいよね。




この記事がイイネ!と思ったらクリックお願いします!

ドラゴンクエストXランキング

ブログ更新の励みになります!