imag9f000
今日はテンの日ですね。
皇帝メタキンをやるチャンスですよこんにちは。
 
なのですが今回もスライムレースのお話。
前回の記事からずっとバブルスライムで頑張っていましたw
 




いきなり否定から入ると、バブルスライムは最弱です。

何故かというとそれは初期パラメータ。
imag9f007
最初から最大MPがBなので、無駄に最大MPに養分が回ってしまうのが究極のネック。

巷で最強パラメータと言われているSBABを目指すのがほぼ不可能なのです。
↑の画像のようにジャンプがCにならざるを得ない。


加えて悲劇的なのがげんきトールの弱さ。
imag9f011
前回の記事でも書いたように、急速回復持ちにはあまり妨害の意味が無いとくぎ。
それに加えてジャンプやらなんやらで当たらないこともかなりあるため、消費MPの割には報われないですね。

ボミオスやバナナを覚えたら真っ先に消したい(コラ)


あと初期スピードが遅いため序盤のレースで取りこぼしが多いし、バブルスライムを選んだ時点でかなりのハンデを背負わされることになります。

これを好んで使う人はかなりのどMかあまのじゃく。
私とはきっと気が合うでしょうw





ですが私は残りの挑戦権を全部バブルスライムにつぎ込んできました(しろめ)


試してみたのが最大MPをAにするビルド。
imag9f017
スピードは最低でもAにしてあとは適当。
エサの成長を無駄にしないようにできるだけキッチリ使い切ります。


そして行動は妨害一択。
妨害しないとバブルスライムの意味が無いからね。
imag9f001
ピオラマンに当たった時にボミオスが決まると凄く快感です(どS)



なんですが、妨害が綺麗にハマることはそんなに無く。

むしろ妨害者同士の醜い争いになることが多いですw
imag9f012
飛び交うバナナとげんきトール。
それを優雅にジャンプで交わすピオラナイト達。

妨害の意味が無いw


とまあたくさん対戦してきましたが、バブルスライムと当たったらだいたいの人がぼうぎょマンになりますねw

他のパラメータを犠牲にしてMPを盛っている分、純粋な徒競走になるとバブルスライムは不利です。


そんなわけで結果は散々。
imag9f018
2着以内ボーナスを使い切ること無く敗退するばかりでした。

つらいんぐ。



皮肉だったのが妨害を捨ててピオラマンやダッシュマンに徹した方が成績が良かったことですねw
imag9f002
でもこれってバブルスライムの意味が無いよね。


バブルスライム「で」勝てるけど、バブルスライム「として」は勝てない。

なんかレゾンデートル(存在意義)を感じちゃう。
哲学。





さらに悲劇的なのはこの後。

私だっすんの育て直し権を使い切った後、他のサブっ子のレースを消化していました。


そこで試しにスライムナイトで遊んでみたのですが・・・。
imag9f020
勝利のARASHI。
同時1着もあったよ!


基本的にはピオラ(ダッシュ)とぼうぎょオンリーで妨害はしない戦略。
それだけで結構健闘できました。


サブ1号の成績。
imag9f021


こちらはサブ2号。
imag9f023
どっちも一発目でこの成績です。
バブルスライムの苦労は何だったんだ・・・。


ゲスの極みと言いながら妨害を一切しない。
imag9f022
名前を裏切っている意味ではゲスの極みでした。





でもナイトなら必ず好成績かと言うとそんなことは無く。
imag9f025
最高のパラメータを持ちながら平凡な成績で終わったサブキャラもいました。



imag9f024
安定のダメジャーさんでした( ^ω^ )


ちょっとバブルが残念すぎたので、もうちょいダメジャーさんでバブルスライム頑張りますw



(おしまい)



この記事がイイネ!と思ったらクリックお願いします!

ブログ更新の励みになります!

ドラゴンクエストXブログランキング
お気に入りのブログが見つかるカモ!