image0001
昨日、さいたまスーパーアリーナで行われたライブスペクタクルツアー初日の午後の部に行ってきました。

内容のネタバレは一切しませんが、それでも情報を見たくない方はバックバック。







ドラゴンクエスト誕生30周年ということで開催された今回のツアー。

ライブスペクタクルツアー(以下めんどいのでLST)はジャンルで言うと演劇。

私個人はあまり演劇を観覧したことはなく、たぶん指で数えるくらいしか経験がないような気がします。

興味はあるんですけどなかなか足ががが。



そんな演劇シロートの私が今回のツアーに参加しようと思った理由はやっぱりドラクエだから。

すっかり記事にするのを忘れていましたが先日の竜王迷宮にも実は遊びに行っていたんですよ。

それが初めての謎解きイベントだったんですけど、竜王迷宮といいLSTといい新しいチャレンジのきっかけを作ってくれるドラクエって本当にありがたい存在だなーとしみじみ感じます。

ドラクエは人生のスパイスですね。



・・・という前振りは置いといてそろそろLSTの中身のお話を。

文章のみでの感想になりますがご勘弁を。



物語はドラゴンクエストⅢをベースにアレンジを加えたもの。

原作を踏まえたうえでさらに演劇用にクオリティアップしています。

たぶん過去作をプレイしていた方なら懐かしい気持ちで物語に溶け込めるんじゃないかと思います。

詳しく語れないのが残念!



今回の主人公はドラクエⅢの勇者。

「勇者」と呼ばれるだけで名前を呼ばれることはありません。

今までのドラクエ主人公も特に名前が決まっていませんしこの辺は原作リスペクトですね。
(もょもとは無しよ)

しかしこの設定が(イカ自粛)。

それはそうと「君の名は。」楽しみですね!と言っておいてごまかしておきます。



演者の演技は私的には好印象。

私は2階席でちょっと舞台から遠めでしたが、身体全体で感情を表現しているのがよく伝わりました。

また、トルネコさんや○○ンさんを初めとしたストーリーテラーの方々のセリフ量、ボキャブラリー、アドリブ力はすごいなと感心しきり。

コメディシーンではたびたび観客の笑いを誘っていました。

アクションに関してはガチの劇団の演技には劣るかもしれませんがそこは演出でカバーしている感じかなw



その演出の方はと言いますとドラクエということでバトルシーンが多めです。

ですがダンスシーンや光と映像を使った美しい演出があったりと、演劇というより映像作品として目を惹くシーンがふんだんにちりばめられています。

特にオープニングの演出は誰もがおおおおっとなりますし、後半のある仕掛けを使った演出は本当にきれいな光景でした。

ゾクッとしましたよ。



また今回のツアーは観客参加型の方式を採られていて、時折観客にアドリブを求めたり手拍子やコールを求めたりすることもあります。

強制参加ではありませんが混ざっておくと楽しめると思います。



あとついでに言っておきたいのはモンスターがかわいいこと!

スライム系がかわいいのは当然ですが、おばけきのこやどろにんぎょう、マドハンドといった気持ち悪い系(暴言)のモンスターがかわいく映ったのはかなり衝撃的でしたw

アリーナ席の方々は間近で見れる機会が多かったです。
うらやま!







と感想を書いてみましたが、写真無しで終わってしまうのは絵的に寂しいので撮ってきた写真をぺたぺた。
image0002
ホールの外ではメダル王が観客を歓迎していました。

長いことドラクエ10をやっているせいで「メダル王=ゴーレック」が定着してしまっていて、人間姿のメダル王に違和感がありますw



入口近くには公演祝の花が飾られていました。

私が特に目を惹いたのはこちら。
image0004
ゼーーーーーット!!!




image0003
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨



やっぱりしょこたん宛ての花が多かったですねw







以上、LSTの感想とかそんな話でした。
image0005


客席によっては全然演者が見えないなど不満がないわけではないですし、はっきり言ってチケットの値段がお高いので「行ってみると面白いですよおおおお!」とはお気楽には言い難いですが、時間とお金の余裕があればぜひぜひです。

ポケモン集めも捗るみたいですよ。


あとあちこちで書かれていますが、ツアーグッズは午前中には掃けてしまうらしいのでグッズが欲しい方は午前から始動することをお勧めしますw

私は何も買えませんでしたが何か!?




(おしまい)




この記事がイイネ!と思ったらクリックお願いします!

ブログ更新の励みになります!

ドラゴンクエストXブログランキング
お気に入りのブログが見つかるカモ!