image012
1週間ぶりのこのお話。

これはツバサを授かった者たちの戦いの記録である。


※邪神の宮殿のボスの画像が出てきます。注意



今日のBGM。

(適当に翼で検索した結果出た曲・・・!)






「邪神を・・・鎮めるのです」



彼女の言葉に従い邪神の巣食う神殿へ赴く。



ザザッ!
image023
勇敢な8人のツバサを授かりし者達。


邪神のおぞましい気配に臆することなく神殿の階段を進む。


そこには・・・



見知らぬオーガの女性。
image013

敵か!?


ここは邪神の宮殿。誰が敵なのかわからない。

身構える私。



しかしオーガの女性はそれを制止するかのように言った。



「私はあなた達を導く司令官である」



・・・司令官!!


なるほど確かに翼を模した兜と鎧を身につけている。


司令官は数年前までは私達と同じようにツバサを授かりし者として活動していたらしいが、今は一線を退いてツバサを授かりし者を率いる立場にあるらしい。


ちなみにこの設定はたった今作った。



司令官は私達に激励の言葉をかける。


「みんな死ぬな 必ず生きて帰って来い!」


image015
私達は知らず知らずのうちに敬礼を取っていた。

ツバサの大先輩に対する最大の敬意を表現するにはこれしか思いつかなかったのだ。



「血と 汗と なみだを流せ!!」



司令官の更なる激励(?)に私達は奮い立った。


もう何も怖くない



・・・あ、このコトバ死亡フラグじゃないでスカ。







そして第1獄(プリズン)の門を開く。


邪神の遣いとの戦いが始まった。



遣いの圧倒的なチカラに翻弄される私達。
image026



一か所に固まるのは危険だと判断した私達は散り散りになって対抗。
image018



image025
簡単に負けるわけにはいかない!



仲間が情熱の律動を奏で鼓舞する。
image020



私も歌でそれに応える!
image016

dada
↑歌。



歌の加護で、炎を完全に防ぐチカラを得た私。
6y6yyy
これで安心して攻撃に専念できる。

※事前に炎耐性を100%にしただけです




食らえ私の奥義「フラッシュアロー」
image017
※たまたまホーリーライト中にジゴデインが重なっただけ



さらに「超重力」!!
image019
※たまたまホーリーライト中に以下略




死闘の果てについに邪神の遣いが屈した。
image021
戦隊モノでおなじみの怪人の爆発シーンっぽい写真。



そして勝利!
image022
テテテ テーテー テッテレー!!


世界の平和は守られたのだ!



ちなみに紙面の都合上、2獄3獄は行かなかったことにする。

カテナカッタヨグスン





アジトに凱旋!!


ザッ!!
image030
リーダーを先頭に縦一列に並ぶ。



そして・・・!
image028


image027


image029

円環の舞(サイクロンダンス)で勝利を喜ぶツバサを授かりし者達。


喜びの中で彼女は言った。


「また邪悪が目覚めしとき私達は再び集まるでしょう」


「ですがその時まで人の生活に戻りなさい」


そう、この勝利はまだ始まりに過ぎないのだ。


邪神を打ち倒すまでツバサを授かりし者達の戦いは続く。


(完)






はい!

ということでエンゼルヘルム軍団で邪神に挑むお話はこれでおしまいでーす。

堅苦しい言いまわしは疲れました!


なおシリーズの次回予定はありませんw



まあエンゼルヘルムは置いといてフレだけで邪神に行くのは楽しかったですね。

まあエンゼルヘルムは置いといてまたこういう遊びをやってみたいと感じました。

まあエンゼルヘルムは置いといて。



(おしまい)



この記事がイイネ!と思ったらクリックお願いします!

ブログ更新の励みになります!

ドラゴンクエストXブログランキング
お気に入りのブログが見つかるカモ!